新着情報 新着情報

新着情報

「103万円」、「130万円」扶養内で働くための“年収の壁”を確認しよう

ブログ
Calendar Icon 2020.11.04

年末調整の時期となりました。毎年この時期になるとパート・アルバイトの扶養に係る所得(収入)の限度についての質問が挙がってきます。パート・アルバイトの所得(収入)の限度は大きく3つに分けられます。①給与収入103万円以下(103万円の壁)、②給与収入103万円を超えて、130万円未満(130万円の壁)、③給与収入130万円以上、の3つが基準ラインとなります。この基準を超えると所得税が課税されたり、社会保険の扶養から外れたり、配偶者控除等の控除額が縮小したりするので留意しましょう。

ほとんどの給与所得者は、年末調整を行えば確定申告の必要はありませんが、副収入によって20万円を超える所得がある場合は確定申告が必要になります。医療費控除を受けるために確定申告をする場合は副収入による所得が20万円以下であっても給与所得と合算して申告しなければなりません。年末調整の際に副収入についても併せて確認をしておきましょう。