新着情報 新着情報

新着情報

借入金の内容を確認し、返済時期・原資等を今から考える

ブログ
Calendar Icon 2020.11.16

コロナショックによる経済活動の冷え込みに対し、政府系金融機関の新型コロナ対応特別融資や助成金など、手厚い資金繰り支援策を利用している中小企業も多いと思われます。助成金は返済義務が生じませんが、借入金はいずれ返済しなければなりません。据置期間や低利無利息の期間が設けられている融資もありますが、いずれは返済、利払いが始まります。

まずは、借入金ごとの情報について「借入金台帳」や「借入金一覧表」を作成することできちんと整理し、不要不急なものに支出せず、事業継続のために有効活用しましょう。

緊急融資は企業が正常に戻るための中継ぎ役です。中継ぎ役が頑張っているうちに目先の売上改善も必要ですが、固定費や変動費の削減、不採算部門からの撤退など社内でできることを始めていきましょう。

資金に余裕のあるうちに使途と返済計画をしっかり立てていくことが重要です。